子供の声






[PR]



2008年01月30日(Wed)
子供の声
広橋涼は、媚びまくっていても、媚びてる感じがしない。
天然みたいなのをやってる人は多いけれど、この人(と能登)は、別格な感じがする。
広橋は、写真写りがよくないし、動く映像でもそんなによくはないのですが、
実物はかわいいらしい(見たことはないけど)。これは、子供についてもいえるのでは
ないでしょうか。写真やビデオ写りが悪い子供でも、よほどの不細工でない限り、
実物はかわいいものです。特に、ビデオなんか親の自己満足でしかありません。
子供のうちに不幸な死に方をすれば、テレビに流してもらえるかもしれませんが。
広橋は、子供の声であるといってよく、存在様式も子供に似ているのかもしれない。
生(なま)の生気は、鏡には映らないものかもしれない。しかし、声は、生なのである。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年1月
   
30    

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:0
昨日:21
累計:260,928