さくらちゃん






[PR]



2008年05月26日(Mon)
さくらちゃん
久美薫「宮崎駿の仕事」は、魔法少女の系譜学めいたことを書いており(第5章)、CCさくらについて、完璧な娘であり、妹であり、恋人(未満)であると述べている。父との関係が、キーワードですが、その辺は割愛したい。
父との関係が、セーラームーンでいったん消えて、もう一度現れたときには、友達家族のようになっていたのであろう。CCさくらの父は、父(未満)とでもいうべきなのかもしれない。さくらちゃんがあまりに完璧なので、父として振る舞う必要がない。さくらちゃんほど完璧な娘に、何を教えればいいというのか。
父や恋人が、それぞれ未満だったので、完璧な娘であり、妹であり、恋人(未満)であることが出来たものの、丹下桜じしんは、そこに閉じ込められた…。同じく妹である田村ゆかりや釘宮や清水愛は、こうした隘路をそれぞれのやり方で、回避している。
清水愛は、姉とペアをなしている。まほろ、この醜くも美しい世界では、川澄の妹であり、これが私のご主人様では、ご主人様が姉(浅野)を弄ぶのを囃し立てる。中原とのペアが、おねツイ、DearS、舞-HiME、ストパニなどで見られ、これらが代表作であろう。1stアルバム「発芽条件M」は、SMのMである。植田佳奈によると、「まあ、Mが似合いそうな雰囲気ではあるよね」(アニたまどっとコムstandardまるなげ♪#32)。
釘宮理恵は、初主演した、りぜるまいんでは、押しかけ幼な妻として、妹の攻めのありようを見せる。ハガレンの機械になった弟は、ショタであろうし、そのあとはツンデレを立て続けに演じることになる。朴ろ美とか、日野と対になって、Sをやっているといえる。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年5月
       
26

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:8
昨日:20
累計:258,293