世界平和






[PR]



2008年09月13日(Sat)
世界平和
《私の胸が、あとちょっとだけ大きかったら、私の目が、あとちょっとだけ大きかったら、私の鼻が、あとちょっとだけ高かったら、この世界も少し、変わるかも知れない。世界平和》。
大塚美容形成外科のCMですが、このCMについて考えるに、世界は確定記述の束であるといえるでしょう。太陽は赤いとか、地球は丸いとか、そういう記述の束が世界です。整形を通じて、私の胸や目や鼻を、大きくしたり、高くしたりすることで、私という記述の束の一つを、別のものに置換する。そうすることで、世界という記述の束の一つも、別のものに置換されたことになります。つまり、「この世界も少し、変わる」。
そして、それは「世界平和」である。しかし、ここには人を躓かせるものがあります。なぜ、世界という記述の束の一つを別のものに置換することが、「世界平和」なのでしょうか。他の記述が全て同じだとして、例えば、私の胸が、あとちょっとだけ大きな世界は、今のままの胸の世界よりも、平和だとすれば、どうしてでしょうか。ここでは、私という記述の束の一つが置換されただけで、私の外の世界は全く変わっていません。つまり、変わったのは私であり、私の外の世界ではない。にもかかわらず、このCMは「世界平和」といっているのです。
おそらく、私の胸が、あとちょっとだけ大きくなった世界では、他者のまなざしがちょっとだけ変わってくるのでしょう。そのことで、私は、自分に自信が持てるようになり、自分を愛せるようになる。世界を愛するためには、自分を愛せなければなりません。イプセンは、「かつて一人を愛したことのない者は、全人類を愛することは不可能だ」といっていますが、ミサトさんがいっているように、うろ覚えですが、自分を愛せないものが一人を愛することはできないでしょう。つまり、自分を愛することができて初めて、一人を愛し、そして全人類を愛しうるのです。こうして、私たちは「世界平和」まで辿りついた。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年9月
 
13
       

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:11
昨日:16
累計:255,730