岬ちゃん






[PR]



2008年09月27日(Sat)
岬ちゃん
「ある子供」を見た。大澤真幸「不可能性の時代」(岩波新書)で、ドキュメンタリーふうに撮られた物語にまったく救いはないが、フィクションであることを示すため、ラストに救いを入れてみたという監督の言葉が紹介されており、どんな舐めた感じなのか、楽しみだったのですが、フレームは完璧なものでした。そのラストは、どうしょもない男が、彼の子を生んだ女に、頭を子供のように撫でられ、泣いてしまうというもので、タイトルの由来にもなっているようです。これは、母をイメージさせる。愛されなかった子を、母親のように、撫でてあげる、これが救いということのようです。
サッド・ヴァケイションでも、ラスト間近で、宮崎あおいが、中国人に追われて怯える青年の頭を膝枕の上で撫でていますが、母性の目覚めというようなものなのでしょうか。キャリア的にも意味のあるシーンなのかもしれません。
結局のところ、ソーニャがいなければ、あるいは、岬ちゃんでも、牧野由依でもいいのですが、救いはない。富野とともに、女が母をやめたとき、全ての悪が始まったというべきなのでしょう(ブレンパワードにそういう台詞があった)。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年9月
 
27
       

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:11
昨日:15
累計:260,106