ニュースの原稿






[PR]



2008年10月28日(Tue)
ニュースの原稿
アイドルというのは、テレビを見ている人々の欲望を具現化したものなわけですが、ビジュアルだけ飾られているというわけではなく、物語化されて呈示されます。この物語化を行うのが、作詞家(やプロデューサー)であろう。従って、まなざしを意識しつつ、人の言葉をそのまま歌って、虚像を形作るわけですが、晒されているのは生身の身体なので、例えば、ツベルクリン注射の跡の生々しさが、エロスを感じさせたりします。従って、そのありようは、演歌歌手と変わらないわけですが(秋元康は、「川の流れのように」を作詞した。)アイドルは、ほとんどありえないほどの虚構を歌い、それゆえに棒読みでも構わない(演歌のように情感たっぷりだと、かえっておかしい)。
女子アナの魅力は、彼女らがニュースを棒読みする存在であることに由来していると思われる。アイドルの歌に当たるのが、ニュースの原稿といえる。棒読みと彼女らが行うコミュニケーションとの落差が、人をひきつけるのだ。女子アナのアイドル化を嘆く向きもあるが、どちらも他人の言葉を読む存在であり、その近さを見逃すべきではない。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年10月
     
28  

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:0
昨日:21
累計:260,928