幼なじみ






[PR]



2008年12月14日(Sun)
幼なじみ
男の人は、生まれ変わっても、長年連れ添った妻とまた一緒になりたいと思う人が多いけれども、逆に、女の人は、夫とまた一緒になりたいと思わない人が多いらしい。これは、どういう幻想を抱くかが、性によって異なるからではないか。男の子は、幼なじみが好きで、女の子は、白馬の王子さまが好き。幼なじみは、長く連れ添っているというだけで運命を感じてしまうというものだから、長く連れ添った妻も、まあ、幼なじみのようなもの。しかし、長く連れ添ったというだけでは、白馬の王子さまとはいえない(注)。
かんなぎでは、沢城みゆきが、いいと思います。ほとんど皆そういっている。幼なじみですが、彼女以外ならそうは解釈しないだろうというような声の出し方をしているのではないでしょうか。
(注)女は関係性を求めており、夫はそれに答えていない、と答えてもよく、その方が綺麗かもしれない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年12月
 
14
     

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:0
昨日:21
累計:260,928