AFTER STORY






[PR]



2009年02月10日(Tue)
AFTER STORY
その後(AFTER STORY)、二人は末永く幸せに暮らしましたとさ、というのが昔話だけど、エロゲーは、二人の未来になど最高に無関心である。とにかく、処女のヒロインを奪うことさえ出来れば、あとはどうでもいい。この点で、クラナドは、AIRとは違う形で、エロゲーの臨界点といえるかもしれない。ふたりが暮らした、という宮崎アニメ(注)のようなことを、エロゲーでやっている。エロゲのヒロインと、ずっと暮らすなんて、考えられるのだろうか。よく分からない。渚みたいな女(の子)が、この世に存在するとは思えない。奇跡など、なおさらありえない。
東浩紀ふうにいえば、「父親になれない」という課題を突きつけられたゲーム作家が、「父親になりたい」と思い、作品を構想したところ、体の弱いヒロインは死んでしまい、娘も死んでしまう、というようなのしか思いつかず、そのままだとあんまりなので、窮余の策として、奇跡を起こしてみた、ということなのかもしれない。結局、奇跡なしに、父になどなれない。父とは、奇跡なのである。
ヨブ記は、当初、やられっぱなしだったが、それではあんまりだということで、救いのエピソードを加えたらしい。柄谷は、同じ嫁が帰ってこないのに、喜ぶのはおかしいといっていた。クラナドでは、同じ嫁(と娘)が帰ってくるのですが、それはそれで…。
(注)ハウルは、クラナドと同じ04年に発表されている。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年2月
10

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:3
昨日:30
累計:255,752