噫無常






[PR]



2009年03月13日(Fri)
噫無常
小森健太朗「英文学の地下水脈」は、黒岩涙香の原典を探してるんだけど、噫無常と岩窟王を除くと、見事に残らない作品ばかりを翻案してるみたいです。この残っていない作品群から、新しい探偵小説観を構築しようという試み。
どうも、歴史的に見て、女流作家は、中盤のサスペンスから入り、謎と解決というのは後から挿入していったみたい。志村貴子なんかは、中盤のサスペンス(?)だけで作品を成り立たせているのかもしれませんが、もともと女流とはそういうものなのか。「奇妙な英米文学」(アンチオイディプス)といわれるものの系譜に探偵小説があることは疑いなく、探偵小説を、嵐が丘とかアリスとかと併置するような視座は、有用かもしれない。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年3月
13
       

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:26
昨日:35
累計:264,544