おんなのこ






[PR]



2009年04月27日(Mon)
おんなのこ
68年は、象徴界の失調が決定的となった年とされる。その後、一時ではあるものの、現実が露出することになるが、それはおんなのこにも見られ、これは見逃せない。標語ふうにいえば、“おんなのこはおんなのこである”。映画でいえば「都会のアリス」や「ミツバチのささやき」に出てくる少女のかわいさ。しかし、虚構(記号、篠山紀信的なもの)が現実を覆うことで、こうしたリアルなものは退いてしまう。
しかし、あおいちゃんのころになると、リアルなものが再浮上してくる。子役は大成しないというような通念は、この世代には通じない。大きくなっても、リアルで生々しい部分が温存されているからであろう。「苺ましまろ」がなぜ危ういかといえば、萌え記号に覆われているからではなく、この次元に到達しているからではないか。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年4月
     
27    

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:3
昨日:30
累計:255,752