相対評価






[PR]



2009年09月26日(Sat)
相対評価
試験が難しいのは、学習内容が難しいからではない。中学入試を考えてみれば分かる。小学生の学習内容が難しいとは、普通はいわれない。しかし、小学生ならば中学入試の問いをみな解けるというわけではない。なぜか。学習内容から問題までは距離があるからである。その距離を埋めるため、解き方を知っていなければならないのは勿論だが、それを踏まえたうえで、その場での機転が求められる。この解き方をどう教えるかが塾の領分であるが、そこから先、どう機転を利かせられるかには、不確定な要素が漂う。相対的な頭のよしあしが、問われることになる。知っているべき知識の総量が少ないだけに、この部分のウエイトは大きいといわねばならない。宮台や東は、小学生のころ、何の準備もなしに全国模試を受けて、一桁の成績を取ったことを語るが、頭のよさとはこういうものだろう。
入試のような相対評価を競う試験では、解き方に加え、機転という要素が絡むため、教えても上手く行くとは限らないが、だからこそ塾が隆盛を極めることになる。どこまで行っても相対評価のため、どこまでもヒートアップすることになる。ここに塾が宿る。入試が全ての動機付けであり、入試がなければ日本の教育はない。学習内容を絶対評価するという趣旨ならば、こうした現象は生じないはずであるが、それでは動機付けに欠くだろう。
入試のための勉強は、入試にしか役に立たない。覚えたことの使い道などどこにもなく、もはや問題を解かなくてもいいのだからその解き方など忘却の彼方であり、機転といったものはその場限りでしかない。頑張ったことが財産になるという言い方はできるのかもしれないが、いかにも空疎ではある。
(10月、11月は、ネット環境にないため、休みます…。)

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年9月
   
26
     

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:8
昨日:20
累計:258,293