こどもニュース






[PR]



2011年01月09日(Sun)
こどもニュース
「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」など、池上彰をよく見かけます。これまでなら考えられなかったことです。ニュースはどのようなプロセスを経て、池上彰に至ったのでしょうか。ニュースの転換点は久米宏であり、彼はそれまでの「流すニュース」を「茶化すニュース」に変えました。次に、それを引き継いだワイドショーに、突如として怒り出すコメンテーターが現れて、「切れるニュース」になりました。それに釣られてか、古舘のように切れるキャスターまで現れました。これはもう最悪です。しかし、出来事を茶化したり切れたりでは、もうどうしょもないところまで来たので、ニュースから学ぼうという姿勢に転じたのでしょう。「学べるニュース」というわけです。これまでは、基本的なことがあまりに共有されてこなかったわけで、彼の躍進は、それではもはや進んでいけないという時代の要請から来ていると見てよいでしょう。自分らは市民であるなどといいつつ、欧米ならこどもでも知っていることを知らないのであり、「こどもニュース」から始めるしかありません。
彼のフラットな語り口にも注目しましょう。これまでは何ごとにせよ重厚に語っていればよかったわけです。しかし、今やそれでは聞く耳を持たれません。そこで分かりやすく語ろうというわけです。もっとも、重厚に語られてきたことに中身があったかは些か疑問です。小林秀雄にしても、言っていることは単純であり、言い方で煙に巻いて重厚そうに見せてきただけということなのかもしれません。重厚であるにせよ、フラットであるにせよ、ユーモアが欠けていることは貫かれています。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年1月
           
9
         

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:397
昨日:185
累計:260,677