とともに






[PR]



2011年01月16日(Sun)
とともに
天声人語1月11日付を読んでみよう。連邦下院議員を狙った銃乱射事件が取り上げられている。第四段落に、曰く、《「この事件は巻き込まれた人々の悲劇以上のものだ。わが国全体の悲劇である」とオバマ大統領は憤った。狙われたのは民主主義だ、との認識からだろう。とともに事件は、3億丁ともいう銃を日常に潜ませる米社会の、闇の深さを示してもいる》。分からないのは、「とともに」という接続詞である。「狙われたのは民主主義だ、との認識」と「米社会の、闇の深さ」がどうして並置出来るのか、分からない。このコラムの前半は、銃で民主主義を脅かすのは悪であるというものである。これに異論はないだろう。後半は、銃は民主主義を脅かしうるので悪である、とでも要約しうるものである。この「とともに」は、前半と後半の蝶番に当たる。しかし、民主主義を脅かしうるから悪であるというのは、論理としておかしい。可能であることと実現することとの区別が付いていない。だからこそ、平然と並置することが出来るのであろう。悪をなしうるから悪であるということになると、あらゆるものを規制出来ることになり、規制するかしないかは全くの恣意に委ねられることになる。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年1月
           
16
         

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:11
昨日:16
累計:255,730