本陣殺人事件






[PR]



2011年01月24日(Mon)
本陣殺人事件
戦前において、日本では密室が作りにくいといわれていた。日本家屋は、内部における区切りが襖などによるものであり、固定的でないからである。しかし、日本家屋といえども、外部とは区切られており、これは用いうる。横溝正史「本陣殺人事件」(内容に触れます)は、この点に着目した。さらに、雪を降らせ、家屋の周りに足跡がないことにして、不可能性を倍化させる。家屋そのものが密室として捉えられている。これは、イエの本質を鋭く突くものである。
イエは外部から孤立しているがゆえに、内部で人々は凝集している。「本陣」では、家屋そのものが密室として捉えられているが、これはイエの孤立性を表している。しかし、特筆すべきは、内部における凝集をも捉えているということである。真相は、新妻が処女ではなかったので、新郎が無理心中を図ったというものであるが、イエでは、内部で凝集しているがゆえに、自他の区別がなくなり、無理心中が起こりうる。イエ制度が無理心中を生じさせているのである。この点を「本陣」は捉えた。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年1月
           
24
         

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:270
昨日:30
累計:256,019