高天原の犯罪






[PR]



2011年05月18日(Wed)
高天原の犯罪
天城一「高天原の犯罪」は、天皇制批判を行っている(内容に触れます)。衆人は「天皇」を拝んでいたが、その最中に殺人が行われる。衆人は「天皇」を畏れ多いので見ていなかったが、隣が動けば分かったはずである。答えは、犯人は「天皇」というものである。「天皇」は監視されておらず、自由に動き得た。衆人は相互監視しており、動くことは出来ないが、「天皇」は相互監視の外にいる。
このように、相互監視には盲点がある。つまり、監視が行き届かないところが出来てしまう。しかし、相互監視している集団そのものが他を害するというふうに捉えなければならない。先の戦争がそのようなものであった。天皇は相互監視の効果に過ぎない。従って、天皇を批判するのであれば、それを生み出すムラ社会を批判すべきであり、天城氏にはそれが出来ている。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年5月
18
       

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:403
昨日:185
累計:260,683