風子思考集成 - 2008/01/03

fuukoについて




[PR]



2008年01月03日(Thu)▲ページの先頭へ
ハーフの効用といえば、天才てれびくんでしょう
上戸綾のどこがいいのか、いまいち分かりません。どこか、ハーフみたいなのを漂わせているのは分かります。でも、それが何だというのか。
ハーフみたいだけど、ハーフじゃない、むしろ和風に健気な感じがする。それがいいのか? ゴマキのような洋風なのが好きな人向け?
(阿部和重がどちらのファンでもあるらしいので、そうかもしれない。)
ハーフの効用といえば、天才てれびくんでしょう。日本の子どもだけでは、ああいう空気感は出せないと思う。ハーフのいない天てれは考えられないような気がする。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年1月
    3
   

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:0
昨日:21
累計:260,928