風子思考集成 - 2008/05/19

fuukoについて




[PR]



2008年05月19日(Mon)▲ページの先頭へ
ソーダ味
清水愛は「田村ゆかりとの共演も多いが、恐れ多くてなかなか二人っきりで話せないらしい」(Wikipedia)。清水愛と田村ゆかりは、「ソーダ味とキャラメル味」(清水愛ちゃん その35-724)くらいには違っているけど、歌などの世界観は近いし、風貌も似てきた。少女的なもののもとへの滞留…。
「奥様は魔法少女」というのは、井上喜久子は17歳といっていることと等しい。リリカルなのはは、シリーズが進むに従って(見てないけど)、魔法少女が歳をとってゆくが、魔女になるわけではない。魔法少女のその後が、これほど執拗に画かれたことはないだろう。少女的なものへの滞留は、時間により妨げられるのか。そうしたことが問われているのである。田村ゆかりの掛け金は、全てそこに置かれているともいえよう。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年5月
       
19

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:8
昨日:20
累計:258,293