風子思考集成 - 2008/07/13

fuukoについて




[PR]



2008年07月13日(Sun)▲ページの先頭へ
少女マテリアル
鳴子ハナハル、少女マテリアルは、巻頭カラーの2/4で、4Pをやっているのですが、必然性のある4Pのシチュエーションを考えたというだけで、画期的なのではないでしょうか。それほどエロマンガに詳しいわけでもないので、はっきりとはいえませんが。
あらすじを述べよう。おんなのこがおんなのこに恋をしていて、おんなのこに近づくために、おんなのこの幼なじみと付き合うことにします。おんなのこは別のおなさなじみと付き合っていたので、おんなのこ同士で交わりたいと思い、4Pを持ちかける。これだけで、エロなしでも1冊くらい出来るでしょう。
おんなのこも彼氏に悪いとは感じているようで、「時間なんていくらでもあるんだから」「孝史との時間も入れといてやるか」といっている。青春は短いから貴重だといわれたりもするのですが、時間がいくらでもあると感じられるのは、先の展望がないことにもよるのでしょう。おんなのこは、何となく乃絵に似ている。
タッチでは、南ちゃんと双子が幼なじみなわけですが、これにもうひとりおんなのこ(北ちゃん?)がやって来て、南ちゃんとくっ付こうとするという感じであろう。タッチは、南ちゃんが双子のどちらとくっ付くか決められないため、作者が片割れを殺してしまったのだと思うのですが、フタコイオルタナティブを見てると、三人でいいじゃないというあっけらかんとした終わり方をしていました。2/4は、これを四角関係にすることで、解こうとしたといえよう。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年7月
   
13
   

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:268
昨日:30
累計:256,017