風子思考集成 - 2008/09/20

fuukoについて




[PR]



2008年09月20日(Sat)▲ページの先頭へ
マキノユイ。
初音ミク in スケッチブックを持ったまま(注)をうpした人は、こういっている。《ミクがだれております。ちょっとキャパオーバー気味だったようです。------牧野由依さん、こんな素敵な曲を出していたと最近知って・・・もう作るしかないと!----由依さんの甘くぬっくい声には到底及ばないけど、ミクはミクなりに、です》。
(注)http://www.nicovideo.jp/watch/sm1443932
牧野由依の2ndアルバム、マキノユイ。を聞いてみたのですが、2曲目に、マーマレードという小泉今日子のKYO→というファンから公募した曲を歌うという企画アルバムからのカバーが歌われていた。標準的なアイドル史によると、小泉今日子は、なんてったってアイドルで、アイドルは100%幻想だということをぶっちゃけてしまい、虚構の時代の終わりを告げた人(の一人)です。ファンから公募した歌詞を歌うというのも、阿久悠やら秋元康やらが書いたものを歌うはずの存在であったアイドルのありようのちょっとした解体でしょうが、ミクに至っては、自由に自分の曲を歌わせられるわけで、KYO→は、その真ん中にあるといえるかもしれない。マーマレードについていえば、「甘くぬっくい」(この語をググると、(注)のページがトップに出てくる。)というのがぴったりで、オリジナルも聞いてみたのですが、聞き比べてみれば、いかに甘く歌われているかが分かります。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年9月
 
20
       

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:443
昨日:185
累計:260,723