風子思考集成 - 2008/12

fuukoについて




[PR]



2008年12月30日(Tue)▲ページの先頭へ
一人
夏目友人帳の1巻を見ました。そんなにいいとは思わなかったけど、かみちゅとか蟲師の流れなのだと思います。これらは、共同幻想みたいなのを現代に甦らせる試みと整理できるのでしょうか。エピソードは今を反映しているというか、1話は、ずっと一人ぼっちだった妖怪が、話しかけられて嬉しくて、呼ばれるのをずっと待っていた、というもので、2話は、一人ぼっちのように見える神様が、たった一人の信者と対のような関係になっていたというものでした。「一人は苦しい」いうセリフがありますが、そういうのが並んでいるといえる。「早く人間になりたい」といった妖怪はいても、かって、「一人は苦しい」といった妖怪がいたでしょうか。現在は、人と人の距離が遠くなり(昔は近かったので、「一人は苦しい」とは、感じられなかったのかもしれない。)孤立してしまいがちで、その反映として、こういう妖怪が出てくることになるのでしょう。


2008年12月25日(Thu)▲ページの先頭へ
可愛い可愛い
忘年会に行ってきたんですが、女のほうが、オタクみたいなの多かった気がする。 声優志望(その他も志望してたけど)だった人もいたよ(!)。すげー。僕は、声優しか若いのを知らないから、(ロリ系統のならちょっと知ってるけど)少し尊敬したね。声優ならやっていける顔だった。
佳奈さま(に似た女)が、男には5種類いる(詳細は忘れた。)という所説を述べた後、じゃあ女はどうなんだ、という話になって、かわいいとかわいくないの2種類いると述べられた(きつい!)。じゃあこの中ではどうなんだ、と突っ込まれ、樹音(に似た女)が私は…、みたいなことをぽろっといったけれど、あなたはかわいい、その横の沢城(に似た女)に対しても、余裕で(!)かわいい認定をして、大阪弁の人(本当に色っぽい語り方をする。)と比呂美(に似た女)は美人であるとして、かわいいの範疇からは除いた上で、ここにはかわいい女しかいませんでした、と巧くまとめられた。
女はかわいいとかわいくないで分かれるという説は、ほとんど即時に破棄され、かわいい系と美人系に分かれるという考えに変わったようです。これは卓見かもしれない。そして、逃げ道にもなる。誰からも美しさを見出すことができるというわけではないけれども、誰にでもそれなりにかわいいところを見出すことはできるかもしれない。井上麻s里奈は、「図書館戦争ラジオで自分より容姿の劣る沢城みゆきに「可愛い可愛い」を連発する。沢城のテンションが下がってもやめない」(注)。しかし、沢城にもかわいいところはあると思うのです。
(注)http://notorious2.blog121.fc2.com/blog-entry-665.html


2008年12月20日(Sat)▲ページの先頭へ
友敵
政治は、友敵で分かれるらしい。カヲル君は、友だちだけど敵であって、友敵を兼ねている。友だちだけど敵なので、殺さなければならない。こういうのが、腐女子の好きなシュチエーションなのは周知の通りであり、ガンダムSEEDは、これだけで成り立たせたといっていい。1stガンダムも、善悪というのはなくて、友敵で争っているといってよく、WやSEEDは、意外と(?)正統なのかもしれない。つまり、もともと腐女子的。


2008年12月14日(Sun)▲ページの先頭へ
幼なじみ
男の人は、生まれ変わっても、長年連れ添った妻とまた一緒になりたいと思う人が多いけれども、逆に、女の人は、夫とまた一緒になりたいと思わない人が多いらしい。これは、どういう幻想を抱くかが、性によって異なるからではないか。男の子は、幼なじみが好きで、女の子は、白馬の王子さまが好き。幼なじみは、長く連れ添っているというだけで運命を感じてしまうというものだから、長く連れ添った妻も、まあ、幼なじみのようなもの。しかし、長く連れ添ったというだけでは、白馬の王子さまとはいえない(注)。
かんなぎでは、沢城みゆきが、いいと思います。ほとんど皆そういっている。幼なじみですが、彼女以外ならそうは解釈しないだろうというような声の出し方をしているのではないでしょうか。
(注)女は関係性を求めており、夫はそれに答えていない、と答えてもよく、その方が綺麗かもしれない。


2008年12月08日(Mon)▲ページの先頭へ
日焼け
黒人なら満遍なく黒いのでしょうが、黄色人種で色黒の人は、元は黄色なのだから、服を着ている部分はそんなに焼けていないはず。スク水の魅力は、そういう日焼けしているところとしていないところがくっきり分かれるところにも、あるのかもしれない。もっとも、日焼けしていないところを見せるとエロマンガになってしまう…。例えば、わんぱく「Juvenile A」(「つまさきだちおんなのこ」所収)。庵野も、日焼けをネタにしていますが(後掲512)、ナディアでは黒人のヒロインをやっているので、そのつながりで出てきたのかもしれない。

正直、庵野さんにアニメ界に戻ってきてほしいよね
512 :510 :04/01/18 03:43 ID:a/jvM19v
同人誌・朝鮮飴
チャイナさんの過失(ミス) By H.ANNO
久しぶりに海から帰ってきた女。
久しぶりのH。
しかし日焼けが痛くて下になれない。
さらに、上にもなれない。
しかし、めげずに焼けずに残っていた3箇所でやる。
「やっぱハダカで焼かなくて良かった。」
「みんなも気をつけるよろし。」
END
4ページ白黒。
エロが主体というより、ちょっとギャグっぽい。
年代はわからんが貞本が同じ本でナディアのエロ?マンガを
描いていることからナディア発表以後ということになる。


2008年12月02日(Tue)▲ページの先頭へ
ロリコン
ロリコンは少女に母性を求めている、つまり、ロリコン・イコール・マザコンなのだ、というようなことをいう人(宇野とか更科とか)がいるけど、これはどうなのかな。高橋留美子を、残酷な母が支配するものとして読んでゆくのですが、父がいないから、母なのかといえば必ずしもそうではない。父系制でも母系制でもない、双系制というのもあり、古代日本はそうだった(注)。別に、古代のことを持ち出す必要もないとは思いますが、妹が好きなのとマザコンは、イコールではない。
近代的自我は、キリスト教を与件としているので、我われには持ち得ないといわれています。日本人の自我は主客合一であるとまでいうと、さすがにいい過ぎでしょうが、もしそうだとしても、そうした自我を母という言葉で言い表すのは論理的におかしい。古事記とかを読んでも、別に母性に溢れてるというわけではなく、兄妹の愛のほうがむしろ溢れているのではないかと思うのですが。
(注)柄谷行人「双系制をめぐって」(「<戦前>の思考」所収)


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2008年12月
 
     

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:11
昨日:15
累計:260,106