風子思考集成 - 2009/05/27

fuukoについて




[PR]



2009年05月27日(Wed)▲ページの先頭へ
のぞみちゃん
大橋のぞみちゃんはしょうがくせいですが、まったく計算せずにあれができるとは、思わないだろう。そうであれば、普通のしょうがくせいをテレビに映してもああなるはずですが、絶対にそうはならない。映されていることが影響するからで、映されてるのに映されてないように振る舞わねばならない。それは別に、超自我が命じるというわけではなく、自我が自らそうするように反省しているのである。そうすることによって、彼女の中の動物的なものを動かしているといえる。大橋のぞみちゃんの地の部分が出てきている。ここでは、動物的なものを計算によってコントロールしている。こういうのは、エレクトロニカとかを思い浮かべれば、分かってもらえるだろう。というか、最初から、そっちの話をしていればもっと分かりやすかったかもしれない。動ポモは、テクノ等を使ったほうが、同じ論旨をもっとクリアに説明できただろうともいわれる。エレクトロニカ(の源流めいたもの)でいえば、嶺川貴子の「CLOUDY CLOUD CALCULATOR」は、動物的なもの(CLOUDY CLOUD)を計算してる(CALCULATOR)さまがよく伝わってくる。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2009年5月
         
27
           

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:26
昨日:35
累計:264,544