風子思考集成 - 2010/02

fuukoについて




[PR]



2010年02月22日(Mon)▲ページの先頭へ
パズル
予備校は、試験のコードを解析したうえで、体系的にカリキュラムを組むので、そこに出来上がるのは、必然的に某RPGのごとき一本道である。従って、受験のためには予備校があればよく、高校は不必要な存在となる。田口賢司はこう言っている。《予備校が「教育」にとっての「必要悪」ならば、高校はいうまでもなく「受験」にとっての「不必要悪」、「悪」そのものであることは間違いない》(「受験参考書の愉楽」)。
おそらく私学は、こうした状況の下、予備校化したといえるでしょう。中高一貫校などは、5年で(?)カリキュラムを終え、後は演習を行うわけです。《演習には高校の教材『スタンダード受験編』(数研出版)のみを忠実にこなしている受験生を最難関に合格させる不思議な力が秘められている。演習こそ受験数学にとって黄金と思える》(前掲書)。スタンダードは、やった記憶がありますが…。
演習の位置づけというのは、どういうものなのでしょうか。東條英機は「勉強は暗記だ」と悟ったらしいですが、これはこと日本では真を突いていると思われます。とすれば、暗記と演習はどのような関係にあるのでしょうか。
おそらく、演習は、解放の暗記なのでしょう。知識の暗記のみならず、解法の暗記も求められるのです。入試問題は、暗記をベースにしたパズルだといってよいでしょう。
要するに、暗記とパズルが出来れば、大学は通るのです。そこから滑り落ちているのは、概念を操作することでしょう。おそらく、出題する側もそのようなことはできない。日本発の概念は、無のヴァリアントしかないのではないでしょうか。


2010年02月14日(Sun)▲ページの先頭へ
受験参考書の愉楽
田口賢司と早稲田大学受験参考書研究会「受験参考書の愉楽」(1986)を読んでみた。9千円したが…。田口賢司の巻末の檄文(?)によると、受験生活のゴールは一つであり、全ての欲望はそこに向かっている。しかし、欲望は一つの方向に向けられるからこそ、逸れてゆく。本書は、受験参考書から、そうした逸脱を読み取る試みである。逸脱した欲望は再回収され、欲望の流れをさらに強化する。つまり、やる気が出る。そうしているうちに、その欲望は、同じ平面でまったく別のものに生成変化するかもしれない。
しかし、欲望がリニアに流れているのは、モダンの遺産ともいえる。そのためには、少なくともゴールが魅力的に見えていなければならない。現在において、ゴールは輝かしいものとはいえず、欲望がリニアには流れなくなってきている。立志・苦学・出世(竹内洋)というのは、もはや過去のものである。
ポストモダンは、人からやる気を奪う。田口賢司は、檄文の趣旨につき、やる気をひたすら鼓舞するものであると述べる。予備校は、試験のコードを解析し、体系的にカリキュラムを組むことで、某RPGのごとき一本道を作り上げる。今やスタートからゴールまで道は舗装されている。しかし、一本道ゆえ、やる気を失わせるおそれがある。そこで、予備校は、何とかやる気を起こさせようとする。予備校が試験のコードを解析できたのは、モダンが終り、ミネルヴァの梟が飛び立つ時が来たからであろう。同じく、ポストモダンの思想(例えば、フーコー)も、近代のコードを解析したといえる。しかし、どう生きるかはまた別の問いといえ、それにも答えてはいるのだろうが…。


2010年02月06日(Sat)▲ページの先頭へ
卒業
週刊本28卒業(1985)は、アイドルをポストモダンのジャーゴンで語っている。そういう時代があったということだろう…。4千円出して買ったので、自分の言葉を加えつつ、まとめてみよう。百恵やら聖子やらは自意識があり、物語を生きている。百恵までは自意識がなく、プレモダンであったが、彼女らによりモダンに到達した。しかし、伊代はポストモダンである。彼女は差異を解体した。この言辞は、ポストモダンとは差異の戯れだとすれば、おかしいようにも思われるが、伊代は、任意の少女(=アリス)であるという趣旨であろう。それに加えて、KYON2は、カオスを爆発させる(=アルトー)。この二人は、アイドルとは何かという問いを解体している。なんてったってアイドルというフレーズは、アイドルを解体したが、彼女らは、最初からそのフレーズを生きていた。
卒業は、ゲーム、受験、少女、アイドルといったマターにつき横断的に対談しているが、少女とアイドルは一続きに読むことができる。少女の生成変化では、根本聖子(きよこ)が最先鋭であった(注)。二項対立を脱構築するのがポストモダンだとすると、男女は、真っ先にその対象となるが、彼女は、中性的であり、知性がセクシーさを感じさせる。しかし、KYON2は、それをさらに更新してゆく。
(注)THEY DON’T KONW、憧れのスレンダーガール
http://yaplog.jp/judylane1955/archive/433


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年2月
 
           

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:258
昨日:30
累計:256,007