風子思考集成 - 2010/09

fuukoについて




[PR]



2010年09月30日(Thu)▲ページの先頭へ
郷党社会
日本文化論が議論の中心を占めていた頃があった。敗戦後のことである。天皇制ファシズムの原因が、日本文化の中に求められた。その頂点が、丸山眞男である。彼は軍隊を観察し、暴力が上から下に伝わっていくが、上は下に突き上げられ何も決めることが出来ない、横のつながりがないといった病理をそこに見出した。中根千枝「タテ社会の人間関係」(1967年)が描き出すところのタテ社会である。そこには主体性がない。しかし、これをどう克服できるかは示せなかった(「歴史意識の「古層」」の後、実質的に沈黙する)。思うに、精神構造を見るだけでは、その由来は分からない。それを生み出す社会構造を見なければならない。しかし、丸山は、軍隊を観察しただけである。丸山に代わって社会構造を見たのは、弟子たちである。
民俗学から出発した神島二郎は、都市は、郷党社会に似たものとなっており、「第二のムラ」と言いうるものであるとする。しかし、なぜそのような転写が起こるのかについて、必ずしも説得力のある説明を与えていない。
もっとも整っているのは藤田省三「天皇制国家の支配原理」であろう。絶対国家を経て、国民一人ひとりを水平化しなければ近代国家にはならないが、そのためには、中間団体を解体して、国家が直接に国民とつながらなければならない。しかし、明治国家は中間団体である郷党社会を解体せず、郷党社会を末端として組み込んだタテ社会(そういう言葉は用いていないが)を築きあげる。昭和に入ると、郷党社会が軋みだし、そこからのエネルギーを上にあるタテ社会も制御できなくなり、天皇制ファシズムに至る。藤田はさらに、「維新の精神」で、維新の原動力は、タテ社会の軋みから(タテ社会においてはあってはならない)横のつながり(「横議・横行・横結」)が出来たことにあるとする。しかし、すぐに別のタテ社会(「天皇制国家」)が生まれ、横のつながりはそれに回収されてしまう。これは戦後にも起きたことだが、それがなぜかは、藤田の行論からは必ずしも分からない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年09月23日(Thu)▲ページの先頭へ
居心地
人は集団に囲い込まれた上、その中の区切られた小集団において相互監視している。しかし、小集団は相互監視のためだけの場所ではない。相互監視だけだと居心地の悪い場所であろうが、逆に、小集団の居心地は良い。なぜなら、小集団は親密な雰囲気に包まれているからである。個人は溶解し、小集団は一体化している。相互監視は元々は集団のものであり、それが小集団に侵入してきていると考えるべきであろう。
このような小集団の原型はイエである。川島武宜「日本社会の家族的構成」(1946年)は、人はイエしか知らないので、イエの外でもイエのような集団しか組織されないと指摘している。中根千枝「タテ社会の力学」(1978年)は、このような観点に立ち返ったといえる。しかし、この二冊は、集団における相互監視を見落としている。逆に、杉本良夫「日本人をやめる方法」(1990年)は、相互監視を指摘しているが、小集団の親密な雰囲気を見落としている。しかし、この二つは合わせて考えなければならない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年09月16日(Thu)▲ページの先頭へ
親の責任
柄谷行人「倫理21」は、第1章で「親の責任を問う日本の特殊性」を問うている。親の責任を問うことは、日本社会の構成の特殊性に由来しており、日本社会の核心を突いている。
日本社会では、人は一つの集団にしか帰属できない。換言すると、一つの集団に囲い込まれる。しかし、人はダイレクトにではなく、集団の中にある小集団を通じて、集団に帰属する。小集団は、それぞれ独立している(参照、中根千枝「タテ社会の力学」)。そして、小集団の一員に何らかの逸脱があると、小集団の他の成員も集団から連帯責任を問われることになる(村八分を想起されたい)。人は一つの集団にしか所属していないので、そこから排除されると孤立してしまう。逸脱に対する排除は、集団の成員の楽しみでもある。そうならないために、小集団では、相互監視が行われる。
ポイントは、人は集団に囲い込まれた上、その中の区切られた小集団において相互監視していることである。親の責任は、このような社会構造から必然的に出てくる。逆に、このような社会構造でなければ、親の責任など問う実益はない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年09月09日(Thu)▲ページの先頭へ
子供は育つ
ルース・ベネディクト「菊と刀」の「子供は育つ」の章は、子育てを説明することで、日本社会における人格形成システムを、余すところなく叙述している。小さいころは、子供を甘やかすことで、自己中心的な自我を残したまま、徐々にイエの外における相互監視のまなざしを沁みこませていく。こうして形成された人格は、自己中心的であるため、逆に、他者のまなざしが気になる。常に「まなざしの地獄」(見田宗介)とでもいえる状況に身を置くことになる。こうして、相互監視がその力を発揮する。なぜ、甘やかすのか。自我が成熟し、自立した個人が生まれてしまうと、ここまで相互監視が機能しなくなるからであろう。そうすると、別の社会になってしまう。甘やかすというのも、一つの戦略なのである。
子育ては、子供の人格形成であるが、大人にも同じ人格形成の力が働いている。子育ては、社会の人格形成システムの原型である。ベンサム=フーコーのパノプティコンが説得的なのは、オイディプス三角形と矛盾しないからであろう。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存
2010年09月01日(Wed)▲ページの先頭へ
日本改造計画
小沢一郎「日本改造計画」(1993年)を読んで、私は、丸山眞男を思い出した。小沢によると、《改革の根本にある、究極の目標は、個人の自立である》。個人の自立は、敗戦後、丸山が唱えていたことである。しかし、丸山は、個人の自立に至る道筋を示すことはできなかった。これは、どのような社会構造が個人の自立を妨げているかを示せなかったことに起因する。もっとも、思想史にそれを求めることはできないだろうが。結局、個人の自立などなくとも経済が成長してきたため、丸山は捨てられてしまう。そして、吉本隆明がヘゲモニーを握ることになる。吉本も自立を掲げてはいるが、似て非なるものである。
この点で、小沢は、個人の自立を妨げる社会構造の指摘を行っている。《個人は、集団への自己埋没の代償として、生活と安全を集団から保証されてきたといえる》。これは、中根千枝「タテ社会の人間関係」(1967年)あたりに書かれていることではあるが、正しい。しかし、小沢がこれを書いたころから、集団が崩れてゆく。にもかかわらず、自立した個人が現れた形跡はない。個人の自立を妨げているものは消えても、個人の自立を促すものはないということなのかもしれない。

writebacks(0)
トラックバック(trackback)
URL:

コメント(comment)
名前(*):
URL/Email: (optional)
タイトル(*):
コメント内容(*):
画像認証(*): 表示された画像の文字を入力してください:

名前と URL/Email をcookieで保存

人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年9月
     
   

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:1
昨日:20
累計:258,286