風子思考集成 - 2010/10/30

fuukoについて




[PR]



2010年10月30日(Sat)▲ページの先頭へ
一巡
まんがやアニメは、小集団的雰囲気に包まれている。押井守は、ビューティフルドリーマーで、その不健全さを指摘した。しかし、その後、現実における小集団的雰囲気が脆弱化し、その反映としてエヴァが現れた。前島賢「セカイ系とは何か」によると、エヴァは、ホワイトベース(共同体)の不在と使徒という訳の分からない敵により、拠りどころを失った自我が露出してゆく物語である。ホワイトベースは、まさに小集団であるが、日本社会においては、それがないと自我を守るものがない。小集団の外は、他者しかいない現実である。使徒は、まんがやアニメによる初めての他者の形象化であると、大塚英志が指摘しているが(「だいたいで、いいじゃない。」)、日本社会において、他者は、小集団の綻びというステップを通じて初めて現れうる。ホワイトベースの不在が使徒という他者を生んだといってよい。人類補完計画は、使徒という他者を消去した上で、小集団的雰囲気に戻ることを企図したものである。しかし、シンジは、アスカという他者を選択することで、これを拒絶する。セカイ系には、最初からアスカのような他者はいない。従って、セカイ系をアスカに拒絶されないエヴァなどと捉えることは、正しくない。
けいおんやサマーウォーズは、一巡して小集団に戻ったものである。けいおんにおいては、小集団が集団との関わりなしに存在しており、それがユートピアめくのは当然である。小集団のいいところだけを取ってきているからだ。とはいえ、日本社会における集団の構成と齟齬はない(集団を描いていないだけ)。しかし、サマーウォーズにおける大家族の捉え方には、問題がある。大家族とネットワークを重ねているが、日本社会の集団は閉じているのであり、開かれたネットワークとは異なる。ネットワークは、閉じた集団を侵食するものである。ウォーゲームにおける子どものつながりであれば、ネットワークと重ねうるだろうが。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2010年10月
         
30
           

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:8
昨日:20
累計:258,293