風子思考集成 - 2011/01/31

fuukoについて




[PR]



2011年01月31日(Mon)▲ページの先頭へ
ビフォーアフター
磯崎新は、「アメリカの住宅はかなり画一的様式だが、そこに住む住民の生活はそれぞれに個性的である。日本の住宅は様式がばらばらであるが、住民の生活は没個性的である」という意味のことをいっている(斎藤環「家族の痕跡」)。日本の住宅において住民の生活が没個性的なのは、小集団として凝集しているからであろう。日本社会が均質である理由を、中根千枝「タテ社会の力学」は、社会の基底にある小集団が似ていることに求めている。「タテ社会の人間関係」では、日本社会が均質であることを前提としていたが、その由来を突き止めたことになる。
大改造!!劇的ビフォーアフターに出てくる家屋は、狭いことにおいて共通する。狭いことがあらゆる問題を生んでいる。しかし、ビフォーにおける家屋は狭いものの、そこに住む家族が不幸という感じではない。家屋が狭いほうが、家族は凝集するからであろう。古きよき家族がそこにはある。しかし、改築して家屋を広くしてしまえば、家族は拡散してしまう。現在、日本の家屋における一人当たりの床面積は、ヨーロッパと比べて遜色ないところまで来ている。広くなったのである。しかし、そこに住む家族がもはや凝集していないことは明らかである。ビフォーアフターの人気は、家屋の狭さが古い家族を保存している姿を捉えたからであろう。サザエさんの声優である加藤みどりのナレーションも、郷愁をかきたてる。そこで、改築するにしても、狭さを残しつつ、狭さのもつ悪いところをなくさなければならない。狭さなき狭さとでもいうべきものが望まれている。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年1月
           
31          

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:8
昨日:20
累計:258,293