風子思考集成 - 2011/02

fuukoについて




[PR]



2011年02月22日(Tue)▲ページの先頭へ
クイーン
飯城勇三「エラリー・クイーン論」は、後期クイーン的問題を今までにない視点で捉えている。後期クイーン的問題を捉えるには、まず、クイーンの推理法を理解しなければならない。探偵としてのクイーンは、手がかりに基づいて、論理的な推理を行う。初期クイーンは、これを極めている。後期クイーンの犯人は、偽証拠を用いて探偵を誤導するが、手がかりに基づく論理的な推理を行う探偵が相手でないのであれば、このようなことは出来ない。後期クイーンの犯人は、探偵の分身なのである。クイーンの二人が、従兄弟であることも影響しているのかもしれない。
では、後期クイーン的問題をどのように捉えるべきか。たしかに、後期クイーン的問題をゲーデルの証明のように考えれば、つまり、偽証拠であることを明らかにするメタ証拠も偽証拠である可能性を考慮すれば、決定不能の状態に陥る。しかし、犯人は偽証拠によって探偵を誤導しようとしており、それを用いて探偵を騙そうとしているうちは、別の誤導を誘う偽証拠を出したりはしないはずで、つまり、メタ偽証拠を作るメリットはない。偽証拠が偽であることが露見した時点で、また別の偽証拠を出せばいい。探偵は、偽証拠に騙されているふりをして、犯人の裏をかくことも出来るだろう。このように、後期クイーンの世界は、犯人と探偵の言語ゲームと見做しうる。ウィトゲンシュタインは、《私の問題は、例えばゲーデルの証明について語ることではなく、そのわきを通って語ることである》(「数学の基礎」、中村秀吉・藤田晋吾訳)といっているが、クイーンも、ゲーデルの証明のわきを通っている。
しかし、言語ゲームでは対処できない犯人も存する。「最後の一撃」(内容に触れます)のように、偽証拠が指している人物にしかその偽証拠を作れないという状況を作られると、宙吊りに陥る。つまり、自己言及を行う犯人には、対処できない。結城氏は、そのように考えていないが。


2011年02月15日(Tue)▲ページの先頭へ
召喚
小熊英二「〈民主〉と〈愛国〉」は、六十年ころに思想上の断層が存しており、それまでの思想はそれからの思想とは随分と違ったものであったことを明らかにする。六十年ころにヘゲモニーが丸山から吉本へ移ったことは、常識であろう。しかし、その内実は、必ずしも明らかではない。戦後民主主義は一般的に国家を嫌悪している印象であり、また、丸山は戦後民主主義を代表する人物であるかのように思われているが、小熊によると、丸山の思想は愛国というカテゴリーで括りうる。国家を嫌悪する戦後民主主義は、断層を経た後に現れた。しかし、六十年代ころに断層が生じた理由は語られていない。
これに答えることは、そう難しくない。丸山は、日本社会はあるべき社会からかけ離れていると考えたが、吉本は、大衆の望むようにすればいいという前提に立ち、その上で丸山が希求するあるべき社会など大衆は望んでいないとした。大衆は六十年ころまでは、丸山に付いており、そのころまでは、日本社会に懐疑を抱いていたことが分かる。しかし、六十年ころに、日本社会への懐疑が消失する。このころ、日本社会は会社社会化し、経済も軌道に乗ったからである。会社は日本の集団原理に則ったものであり、大衆の日本社会への懐疑はこれにより吹き飛んでしまう。そして、日本の集団原理は、集団で閉じるものであり、国家など考えずに済むように出来ている。その原理に立つのなら、民主にせよ愛国にせよ国に関わるものであるから、丸山を切るのは、理路としては分かる。
戦後に急成長できたのは、敗戦により集団原理そのものが揺らいだわけではないからである。しかし、日本の集団原理は急成長は出来ても、国レベルではすぐに朽ちてしまう類の集団原理である。明治維新から敗戦までと同じように、敗戦から第二の敗戦とも称される事態に陥るまでは、僅かな月日しか経過していない。小熊が戦後直後の思想を召喚したのは、第二の敗戦の直後であり、時宜を得た著作といえる。


2011年02月07日(Mon)▲ページの先頭へ
小熊
小熊英二「単一民族神話の起源」によると、戦前の家族国家観は、イエを、血のつながりのない養子を属させることが出来、彼らをも同質(ホモジニアス)にする装置と考えていた。この考えに従い、朝鮮や台湾は、養子のようなものとして扱われた。
家族国家観は、イエを正しく捉えてはいる。日本社会の基底にあるイエは、孤立した小集団であり、どれも似ている(参考、中根千枝「タテ社会の力学」)。その中で、人は同調することを強いられる。血のつながりは関わりない。同質だから同調するというより、同調するから同質なのである。同調する同質な人が集まり、日本は出来ている。日本が同質であることは、神話ではなく、現実である。


   


人手です。

新着エントリ
農村 (7/29)
跡形 (7/22)
ムード (7/15)
詠嘆 (7/1)
世帯 (6/24)
濁点 (6/17)
クラブ (6/3)

新着トラックバック/コメント


カレンダ
2011年2月
   
         

アーカイブ
2007年 (3)
12月 (3)
2008年 (81)
1月 (13)
2月 (12)
3月 (8)
4月 (6)
5月 (4)
6月 (5)
7月 (5)
8月 (6)
9月 (6)
10月 (5)
11月 (5)
12月 (6)
2009年 (45)
1月 (5)
2月 (5)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (5)
6月 (5)
7月 (4)
8月 (5)
9月 (4)
12月 (3)
2010年 (50)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (4)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (4)
9月 (5)
10月 (4)
11月 (4)
12月 (4)
2011年 (30)
1月 (5)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (4)
5月 (4)
6月 (4)
7月 (5)

アクセスカウンタ
今日:258
昨日:30
累計:256,007